読めばわかる! そんな表現してみたい!

その日起こった事柄などを利用して何かを表現する、そんなブログ

絆英雄戦くりあー!

ツイッターと連携試験実施!!

 

 

これからゲームオフ会参加です!

もう少しブログを活かそうということで一言ブログかいし!

神楽坂Barにて開催のゲームイベントに参加します!

 

http://twipla.jp/events/298592

 

ちなみにゲーマス担当です。

【FEH】雑感的なブログ、ミシェイルミッションクリアー!

野望の王、ミシェイルは無事、全ミッションクリアーです。

※ロイドに乗り遅れたのでとりあえず急ぎ攻略してみました。

ということでパーティ紹介!

 

歩行パーティ
f:id:sakana898:20180211152931j:image
f:id:sakana898:20180211152944j:imagef:id:sakana898:20180211152955j:imagef:id:sakana898:20180211153010j:imagef:id:sakana898:20180211153026j:image
【初手考察】

左側にパーティを寄せてから、ソードペガサスをティアモで攻撃しました。

あとは引き戻し、引寄せをうまく利用していきましょう!

 

騎馬パーティ
f:id:sakana898:20180211153128j:image
f:id:sakana898:20180211153229j:imagef:id:sakana898:20180211153242j:imagef:id:sakana898:20180211153306j:imagef:id:sakana898:20180211153350j:image
【初手考察】

右側にパーティを集中。総選挙リンでランスペガサスを攻撃します。

その後、マークスで引き戻していきましょう。


重装パーティ
f:id:sakana898:20180211153946j:image
f:id:sakana898:20180211153845j:imagef:id:sakana898:20180211153740j:imagef:id:sakana898:20180211153814j:imagef:id:sakana898:20180211153756j:image
【初手考察】

左側にパーティを寄せて、ジョーカーでソードペガサスを攻撃するところから。

その後はヘンリーで引き寄せていきましょう。

最後に上からくるソードナイトにぶつけるよう漆黒の位置取りに注意しましょう。

 

飛行パーティ
f:id:sakana898:20180211153702j:image
f:id:sakana898:20180211153508j:imagef:id:sakana898:20180211153525j:imagef:id:sakana898:20180211153539j:imagef:id:sakana898:20180211153612j:image
【初手考察】

真下から山を越えて布陣、ランスペガサスの攻撃範囲内にミネルバを置いて、

踊りで再行動可能にしておきましょう。

攻撃してくるようにしましょう。引寄せられていきますが、

ミシェイルの攻撃を含めギリギリ耐えてくれます。

あとは引き戻し、引寄せ、踊りを屈指して撃破していきます。

 

細かい攻略方法はおいおいまとめていくのでこうご期待!

日替わり大英雄戦はミッションも含め、1年間続くイベントなのでのんびりクリアーできるといいですね。

ミッション報酬のミシェイルはどうしようかな?

将来的に10凸を目指して保管しておくべきか、アイオテの盾をアクアに継承させるべきか迷いどころです。

※聖印のアイオテはミルラに渡したりと今後専用で使うことも難しそうなので……

 

前も思いましたがやはり手数を組めるパーティが編成できるようになってきたので、

そろそろ次の段階に進めたらいいなと思う今日この頃。

次は混成パーティを検討してみようかな。

ということで、今日この頃の近況連絡でした。

 

【FEH】1周年記念のイベント満喫中!【第1弾終了!】

f:id:sakana898:20180209012928j:image
最終日にミルラをついにこの手に!!
しかも、2体とかまさに物欲センサーから福音を受けた気分です。
最後の最後でミルラを引けたことで明日からの新ガチャに集中できるってものです!
※英雄祭に後ろ髪をひかれていますがこれ以上欲張ったら罰が当たりそうなので、
 双方、これにて撤退です。

ということで、明日からは封印・烈火勢の超英雄バージョン!
ここにきてシリーズ統一して、戦渦との組み合わせセットをしてきているので、
運営もイベントを回すコツを覚えてきたのかな?
実装されるキャラクターは総選挙を待たずして実装されたヘクトル
騎馬弓第2弾のロイに騎馬緑魔のリリーナと重装青魔のリンという、
これまたポイントを押さえた実装でファンとしてはうれしい限りですね。

目玉は遠距離反撃もちのヘクトルでしょうか、
強化版アルマーズは強い!と評判の錬成オートクレールと同じ機能を持つ優れもの。
切り返しが無くなったため、弱体化も危ぶまれますがそれでも十分な強さだと思います。
が!! 今回は個人的な見解でロイが強いのではないでしょうかとちょっと思っています。
総選挙リンほどスキルセットはよくないものの魔改造すれば化けるタイプと予想。
少し楽しみですね。
あ、リリーナも馬ということで楽しみではありますが、騎馬エイリークの時といい、
何故なのかなぁと少しこれじゃない感がありますね。
とはいえトップクラスの破壊力のあるリリーナの騎馬版になるのではと今から楽しみです。
そして最後にリンですが……、ちょっと評価が迷いどころです。
いずれにしても実装後のステータスも重要なのでふたを開けてみてから迷います。

しかし、騎馬に対する風当たりの強い現環境であえて騎馬を実装する運営は何を考えているのか、
マムクード/重装が先行するこの環境に待ったをかけるための布陣なのだろうか、
騎馬に復権はあるのか!? と邪推してしまいますね。
ということで、イベント盛りだくさんの一周年まだまだ楽しんでいきますよ!

【FEH】 祝!! 一周年!!

ついに1周年!!! おめでとうございます!
そっか……一年たったのか……
としみじみ感じていますが、よく一年間遊んだなと思います。
というわけでこれからもよろしくお願いします!

待ちに待った1周年ですが、イベント目白押し!!!

オーブ50個プレゼントにスペシャルマップ、
そして英雄祭ガチャと初日からぶっ飛ばしています。

今後は挑戦系マップの実装に復刻英雄戦と目白押し、
ついにマークスが来るので、インファナルマップが今から楽しみです。
そしてなんといっても目玉なのはやはり、アスク王国国民投票
見事1位になった英雄は後日配布予定ということで、誰に入れるか迷いますね。
個人的には暁アイクかなー。ガチャしても一体も出てこないので……
それにしても暁アイクを伝承英雄という形で登用するとは伝承英雄はすべてオリジナルで〆るのかと思っていただけに意外でした。
こうなると火の伝承英雄はマルスかな?

とにかく、1周年でやること目白押しな今回、次に2周年目を目指して引き続きよろしくお願いします!

聖魔ユニットのみでインファナル・大英雄戦リオンクリアー!

本日、ついに打開しました!

聖魔の4人でインファナル、リオンクリアーミッション!!

 

使ったユニットはこいつらだ!


f:id:sakana898:20180129214523j:image

エイリーク(騎馬)Lv40

ポイントは引寄せと騎刃の鼓舞の継承ですね。


f:id:sakana898:20180129214536j:image

ラーチェルLv40

ポイントは獅子奮迅に回復を外すことでしょうか。

意外と重要なポイントでした。


f:id:sakana898:20180129214549j:image

アメリアLv40

救援の航路と入れ替え、それから奥義の鼓動です。

 

f:id:sakana898:20180129214602j:image

ヨシュアLv40

ポイントは風薙ぎを使わないことと攻撃+1の聖印をつけることです

 

ということで、前回の記事の通り今回はこの4人で攻略してみました!

攻略ポイントは敵を倒すタイミングです。

倒したユニットに連動して増援が出てくる仕組みなので、

どのタイミングで倒すかをは測りながら進めるのがコツとなります。

 

ということで、攻略手順の紹介です。

 

準備ターンの並びはヨシュア、アメリア、エイリーク、ラーチェルの順で。

※写メ画像は違っていますが……

ただ、敵は攻撃範囲に入らない限り動きませんのでゆっくり準備に徹しましょう!

 

初手、どう動くかがポイントです。

右側の2体を余裕をもって倒せるならそれもありですが、

このパーティでは無理でしたので、左側のブラーマムクードから攻めていきます。

位置取りは引寄せができるヨシュアとエイリークを攻撃範囲ぎりぎりに配置。

ヨシュアを上側に配置します。

ラーチェルはエイリークの横につけて2ターン目にバフが乗るようにしましょう。

アメリアは動かなくてもOKです。
f:id:sakana898:20180129214642j:image

f:id:sakana898:20180129214717j:image

 

2ターン目は騎馬二人でブラーマムクードを攻撃。

雷ブレスではないので順番はどちらでもOK。SPを稼がせたいほうに止めを刺させましょう。

ちなみに位置取りはラーチェルは斜め下、エイリークは真下から攻撃するようにしてください。

攻撃後、ヨシュアがラーチェルを引寄せてソードドラゴンの攻撃範囲から逃がす必要があります。

ちなみにリオンの攻撃範囲には入っているのがポイントです。

攻撃してくるリオンをラーチェルでしばき倒しましょう。

アメリアは一歩左に移動してください。

f:id:sakana898:20180129214746j:image

 

3ターン目、ここがポイントなります。

まずは上からくるランスナイトをラーチェルで倒して、エイリークで上に引寄せます。

ヨシュア、アメリアはソードドラゴンの攻撃範囲外に移動させてください。

ちなみにエイリークでソードドラゴンを倒せますが倒してしまうと、

グリーンナイトが増援で現れるのでその時点で手詰まりとなります。
f:id:sakana898:20180129214832j:image
f:id:sakana898:20180129214900j:image

f:id:sakana898:20180129214929j:image

 

4ターン目、ここから攻勢に転じます。

まずはエイリークで斜め上アクスペガサスを倒し、続いてソードナイトをラーチェルで倒します。

ここで獅子奮迅の効果で程よくHPが削られるのでアメリアの救援でラーチェルの左横に移動し入れ替えで入れ替わりましょう。

ヨシュアはこのターンは待機です。
f:id:sakana898:20180129214957j:image
f:id:sakana898:20180129215111j:image

 

 

5ターン目、ラーチェルをブルーマージの横に移動させてソードドラゴンを撃破。

そのラーチェルをエイリークで引寄せてスペースを作ります。

空いたスペースにアメリアを移動させてブルーマージを攻撃。

鼓動聖印とキラーアクスの効果により、凶星が発動するので、

倒し切れはしないもののヨシュアでとどめをさせるHPまで削られれば勝ち確定です。
f:id:sakana898:20180129215227j:image
f:id:sakana898:20180129215312j:image

 

6ターン目、グリーンナイトが現れるので注意。

グルンウルフ鍛+持ちですが、エイリークで倒せました。

行動はラーチェルを真下に移動、ソードアーマーを迎え撃つ準備をします。

エイリークはラーチェルのいたスペースに移動、グリーンナイトを撃破します。

ヨシュアは一歩上に移動してグルーンマムクードの壁になります。

アメリアはその位置で待機です。
f:id:sakana898:20180129215401j:image
f:id:sakana898:20180129215432j:image
f:id:sakana898:20180129215456j:image

 

7ターン目、ここまでくればほぼ消化試合ですがまだ最後に、

アーチナイトがいるので注意を怠らないように。

アーチナイトはグルーンマムクードを倒すと増援で出てきます。

場所は左上なので事前にアメリアを配置しましょう。

手順としてはヨシュアはそのままグルーンマムクードを撃破。

斜め下にラーチェルを移動させて上からソードアーマーを撃破します。

エイリークは二人の間に移動。

アメリアは動かす必要はあまりありませんが、アーチナイトの出現位置調整のため、

一歩上に置いています。
f:id:sakana898:20180129215527j:image

 

8ターン目、出現したアーチナイトをアメリアで攻撃。

柱横からエイリークで攻撃して撃破します。

ラーチェルはエイリークの下からランスドラゴンを攻撃して撃破します。

ここまでできればチェックです。
f:id:sakana898:20180129215610j:image
f:id:sakana898:20180129215730j:image
f:id:sakana898:20180129215800j:image
f:id:sakana898:20180129215823j:image

 

次ターン以降、近づいてくるアクスアーマーをゆっくり料理しましょう。
f:id:sakana898:20180129215836j:image
f:id:sakana898:20180129215848j:image

 

ということでゲームクリアー。

聖魔をプレイしていた時のことを少し思い出した一戦でした。

今後もこの形でテーマに沿ってプレイしてみようかと思います。

 

というわけで攻略はここまで、次回また!